スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

涼宮ハルヒの驚愕(後) 谷川流著

読書マラソン135冊目です。

涼宮ハルヒの驚愕 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの驚愕  (角川スニーカー文庫)
(2011/05/25)
谷川 流
商品詳細を見る

本の題名:涼宮ハルヒの驚愕(後)
著者  :谷川流
出版社 :角川書店

本の概要
  第8回スニーカー大賞受賞作である涼宮ハルヒシリーズ。その第11巻。

本の感想等
 第9巻から続いていた分裂世界がこの巻でひとつに収束する形を取ります。渡橋泰水(わたはしやすみ)という新キャラが登場するが、名前が不自然すぎてアナグラムだということがすぐわかってしまい、もう少しひねって欲しいところと感じました。話の終盤でハルヒが百人一首にも選ばれている「このたびは ぬさもとりあえず たむけやま もみじのにしき かみのまにまに」という和歌を詠みます(この歌の意味:この旅では慌ただしく、贈り物もできないので、せめてこのたむけ山の紅葉を捧げる)。作中でこの意図について触れられていませんが、高校生活は慌しいが、今の素晴らしい仲間と出会うことができて良かったという意味かなと個人的には思っています。人によっては違う解釈もする人もいることでしょうが、作者の意図を探るのも、このシリーズの面白さのひとつだと思います。

関連記事
涼宮ハルヒの憂鬱(第1巻) 
涼宮ハルヒの溜息(第2巻) 
涼宮ハルヒの退屈(第3巻) 
涼宮ハルヒの消失(第4巻) 
涼宮ハルヒの暴走(第5巻)
涼宮ハルヒの動揺(第6巻)
涼宮ハルヒの陰謀(第7巻)
涼宮ハルヒの憤慨(第8巻)
涼宮ハルヒの分裂(第9巻)
涼宮ハルヒの驚愕(前)(第10巻)
読書マラソン | 【2011-09-04(Sun) 11:35:56】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
だいぶ涼しくなりましたね~。
節電の夏も終わり、ようやく秋らしくなってきましたが、
体を壊さないようにして下さいね。

2011-09-28 水  03:07:29 |  URL | りん #.zLyGMJk [編集]
夏の節電はなんとかなりましたが、冬の節電はちょっと難しそうです。
寒いのは苦手で・・
2012-03-04 日  21:17:39 |  URL | ○gloryhosi○ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 読書マラソンブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。