スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

雨の降る日曜日は幸福について考えよう 橘玲著

読書マラソン136冊目です。


雨の降る日曜は幸福について考えよう雨の降る日曜は幸福について考えよう
(2004/09/10)
橘 玲
商品詳細を見る

本の題名:雨の降る日曜は幸福について考えよう
著者  :橘玲
出版社 :幻冬舎

本の概要
 生命保険、年金、医療、教育、不動産、資産運用、市場経済などについて著者の橘氏の考え方をまとめた本。

本の感想等
 橘氏の経済的な視点は私と似ており、読んでいてうなずける部分が多いです。このブログを始める前に読んでいたため、あまり橘氏の本のレビューは書いていませんが、これまで橘氏の本をいくつか読んでいます。この本は、橘氏の他の本のまとめのようになっているため橘氏の本を初めて読む人にはおすすめできます。主に経済面からの人生設計について興味がある方にはこの本はおすすめです。

この本は文庫版として別タイトルで、
知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)
(2009/10)
橘 玲
商品詳細を見る

として新しく出版されていますが読んだのはこちらだったのでこちらでレビュー。

関連記事
臆病者のための株入門 橘玲著
読書マラソン | 【2012-02-26(Sun) 21:26:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 読書マラソンブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。