スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

銀河鉄道の夜 宮沢賢治著

 今日読んだ本についてです。読書マラソン34冊目となります。


銀河鉄道の夜 (宮沢賢治童話傑作選)銀河鉄道の夜 (宮沢賢治童話傑作選)
(2000/11)
宮沢 賢治
商品詳細を見る

本の題名:銀河鉄道の夜
著者   :宮沢賢治
出版社 :偕成社

本の概要
 父親は消息がわからず、病気の母親を持ち、家計を支えるために働くジョバンニ。家庭事情を理由に子供たちにいじめられる中、カムパネルラだけはジョバンニに優しくした。ジョバンニは、買い物の帰りに丘に寝転んで星を見上げていたのだが、気が付くとカムパネルラと一緒に銀河鉄道に乗っていた。ここから幻想の旅が始まる。

本の感想等
 久しぶりに読み返してみました。銀河鉄道の中でのさまざまな出会いや大切な友との別れが、宮沢賢治さんの文章と田原田鶴子さんの挿絵のうまさにより、まるで目の前でおこなわれているかのように感じさせられました。何度読んでもジョバンニとカムパネルラの純粋さに癒されます。
 現代仮名遣いに直してあり、ふりがなもきっちりと振ってあるため小学生でも十分読めます。老若男女どなたにもお勧めしたい1冊です。

読書マラソン | 【2009-05-17(Sun) 12:02:30】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
「銀河鉄道の夜」いいですよね。
私も昔買って読んだのですが、最近発売された松山ケンイチの期間限定カバーのほうも買ってしまいました。銀河鉄道に乗って空を旅する場面の描写がとても好きです。
宮沢賢治の本だと「なめとこ山の熊」も私は好きですww
最近ブログをはじめたので、良かったらきてやってください。
2009-07-20 月  16:52:56 |  URL | キミドリボシ #- [編集]
ブログの著者です。
キミドリボシさんはじめまして。
宮沢賢治産の作品の中で銀河鉄道の夜はお気に入りの作品です。幻想的な描写と主人公達のキャラクターがたまりません。
ブログは後程見させていただきます。
2009-07-20 月  21:01:29 |  URL | gloryhosi #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 読書マラソンブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。