スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

1Q84 Book2(7月~9月) 村上春樹著

 ここ5日間で読んだ本についてです。2冊並行で読書していたうちのもう片方が読み終わりました。読書マラソン47冊目です。


1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上春樹
商品詳細を見る

本の題名:1Q84 Book2(7月~9月)
著者  :村上春樹
出版社 :新潮社

本の概要
 本の題名の1Q84(「いちきゅうはちよん」と読みます)の示すとおり、1984年を舞台としたお話です。女殺し屋の青豆と小説家志望の天吾の2人の主人公の話で、1巻(4月~6月)、2巻(7月~9月)のうちの2巻。

本の感想・書評等
 2巻まででは回収しきれていない部分があり、続編があるような終わり方でした。しかし私は、これで終わりであってもそれはそれでよい気がします。抜けている展開は、読者の想像にまかせるのもおもしろいのでは・・と口ではそう言いながら3巻が出たら予約してしまいそうですが。

   1巻のときも書きましたが、作風としては、同著者の海辺のカフカに似ているように感じました。村上春樹さんらしい作風で、村上春樹さんの別の本が好きな方には満足がいく本だと思います。

関連記事
1Q84 Book1(4月~6月)
読書マラソン | 【2009-06-08(Mon) 19:43:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 読書マラソンブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。