スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Big Fat Cat and The Mustard Pie 向山 貴彦著

読書マラソン61冊目となります。

Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)
(2002/09/27)
向山 貴彦
商品詳細を見る

本の題名:Big Fat Cat and The Mustard Pie
著者  :向山 貴彦
出版社 :幻冬舎

本の概要
 2002年頃、ベストセラーとなったビッグ・ファット・キャットシリーズの英語の物語。全7巻のうちの第1巻。サラリーマンをやめて、夢であったベーカリー店を開くエド。パイ職人エドとブルーベリーパイが大好きなネコのお話。

本の感想・書評等
 前回の記事で書いたビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本の続編に当たる本です。前作では、英語を勉強するときは英文を読むことの重要であること、英文の読み方などが書かれていましたが、この本は、前半で実際に英語の物語を読み、後半で英語で書かれた物語を解説をするという形をとっています。全7巻の構成で話が進むにつれ、英文が難しくなっていくようです。この本には、難しめの単語には、ルビが振ってあり、中学3年生くらいなら十分読めるレベルだと感じました。英語に自信が無いけれど、英語で書かれた物語に挑戦してみたい人にちょうど良い本だと思います。

関連記事
ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
読書マラソン | 【2009-07-07(Tue) 13:42:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 読書マラソンブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。